九谷焼の歴史

九谷焼って?

緑、黄、紫、赤、紺青の五彩を駆使し、
時に華麗で繊細、時に力強く大胆な上絵を施す九谷焼。
世界を代表する陶磁器のひとつとして世界からも高い評価を受けている。

九谷焼の歴史

わずか50年で途絶えた古九谷

1655年(明暦元年)

加賀藩の支藩である大聖寺藩の初代藩主・前田利治が領内の江沼郡九谷村(現在の石川県加賀市山中温泉九谷町)で焼かせたのが始まり。
しかし、わずか50年ほどで突然途絶えており、原因はいまだにはっきりとわかっていない。
この時期に作られたものを「古九谷」と呼ぶ。

金沢から再興の動き

1807年(文化4年)

加賀藩が京焼の名工・青木木米(あおきもくべい)を迎え、金沢の卯辰山に春日山窯を開いた。このことが契機となり、江戸時代後期から幕末にかけ、加賀藩南部や大聖寺藩内でいくつも窯が開かれるようになり、各窯が多様な様式を生み出し、「再興九谷」として個性を競い合った。

能美に九谷焼を持ち込んだ道開

1796年(寛政8年)

加賀藩南部に位置する能美郡佐野村(現在の石川県能美市佐野町)で斉田道開(さいだどうかい)が生まれる。若杉窯の名工・本多貞吉らに作陶の基本を学んだあと、各地の技術を学ぶ。

1830年(文政13年)

道開は故郷で佐野窯を興し、現在の九谷焼の始まりとなっている。
赤い絵具で網目の模様などの細かな文様を描く「佐野赤絵」という作風を確立したことで知られる。

中興の祖 九谷庄三

1816年(文化13年)

能美郡寺井村(現在の石川県能美市寺井町)で九谷庄三(くたにしょうざ)が生まれる。
能美郡内、若杉窯や小野窯で腕を磨く。

1841年(天保12年)

寺井村で窯を開き、山水を組み合わせた絵柄を和絵具や赤絵で描き、「庄三風」を確立した。明治時代に入ると、とりわけ欧米で評価を高め、「ジャパンクタニ」として称賛された。

名品紹介

古九谷 Kokutani

わずか50年で途絶えた古九谷

「青手芭蕉図鉢」
緑や黄色などで皿の表面を埋め尽くす「青手」と
呼ばれる様式の古九谷。(能美市九谷焼資料館蔵)

明暦年間(約350年前)

日本画狩野派の名工・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力的な画風です。

道開 Dokai

能美に九谷焼を持ち込んだ道開

「赤絵細書竜鳳凰百老図深鉢」斉田 道開
詳細に書かれた鳳凰や龍が優れた描画力を感じさせる
斎田道開の晩年の大作。
能美市指定文化財(能美市九谷焼資料館蔵)

還暦年間(約220年前)

江戸時代に後期に能美の地に九谷焼の作陶を持ち込み、地元では陶祖と呼ばれ、あがめられています。赤絵に金を施した「佐野赤絵」を確立。生地作りと上絵描きの分業を提唱し、後の産業九谷の発展に大きな影響を与えました。

庄三 Shouza

華やかな庄三風は欧米でも高い評価

「色絵割取鉢 栁美人」 九谷庄三
大小の割取の中に人物や花鳥が描かれている。
(能美市九谷焼資料館蔵)

天保ー明治年間
(約160年前)

古九谷・吉田屋・赤絵・金欄手のすべての手法を間取り方式で 取り入れ、これらを洋絵の具で綿密に描き込んだ彩色金襴手です。明治以降の産業九谷の主流となった画風です。

TEL 0761-58-5616 FAX 0761-58-5332
受付時間 10:00~17:00