九谷焼の特徴は、「呉須(ごす)」とよばれる藍青色で
線描きし、「五彩(ごさい)」とよばれる、
赤・黄・緑・紫・紺青の5色の絵の具を
厚く盛り上げて塗る彩法です。

世界を代表する陶磁器のひとつ九谷焼の歴史を
能美市との関わりを中心に辿ってみよう。

九谷焼は、今から360年前の1655年(明歴元年)、
加賀藩の支藩である大聖寺藩の初代藩主・前田利治が
領内の江沼郡久谷村(現在の石川県加賀市中山温泉久谷町)
で焼かせたのが始まりである。
絵柄は山水、花鳥、など
絵画的で大胆な上絵付けがなされており、
力強い印象を与えます。
時代の流れとともに変化し、
それぞれ特有のすばらしい画風を作り出してきました。
今もなお名工達が伝統を生かしながら
斬新なデザインの作品を作り出し、
作風の幅を広げています。

詳細

パンサーカメレオン
本体価格:195,000円(税別)
はこふぐ                           
本体価格:135,000円(税別)
陶 額
本体価格:30,000円(税別)
T-REX               
本体価格:70,000円(税別)

カタログナンバー:AP4-0118          

めだかの学校
4.5号皿揃                           
本体価格:6.000円(税別)

カタログナンバー:AP4-0147            

きのこ絵変わり              
5号皿揃
本体価格:15,000円(税別)

カタログナンバー:AP4-0141             

彩文
5.3号皿揃
本体価格:10,000円(税別)
お問い合わせ
TEL 0761-58-5616 FAX 0761-58-5332

2016.07.05

ホームページを開設しました。今後とも九谷陶和社を宜しくお願い致します。

2016.07.05

おすすめ商品を更新しました。詳しくはこちらをご覧ください。

2016.07.05

九谷陶和社オリジナル商品を更新しました。詳しくはこちらをご覧ください。

〒923-1111 石川県能美市泉台町南24番地

TEL 0761-58-5616
FAX 0761-58-5332
定休日

不定休

営業時間

10:00~17:00